オススメ幼児英語教材
時期別幼児向け英語教材
コスパ別幼児向け英語教材
子供向けオンライン英会話おすすめ

子供の英語発音にはフォニックス学習法がオススメ

幼児向け英語教材診断

グローバル化が叫ばれる昨今、その影響は子育ての領域にも及んでおり子供に英語の教育をしたいと言う親御さんがどんどん増えています。

そうした影響もあり、「幼児向けの英語教材」をご紹介させて頂いている
このサイトへのアクセスも日々増えています。

そういった意識はこれからの日本を担う子供たちの将来のためにもとても大切です。
しかし、自分が学んで来た方法をそのまま子供に適用すれば英語の早期学習につながると安易に思っている親御さんが多いのは非常に残念です。

従来の日本の英語教育を受けて「使える英語」が身についたと思えるでしょうか?

答えはノーかと思います。

「使える英語」を身につけるためには、最初からアルファベットの綴りを書いて覚えるということは必要ありません。
また、主語(S)、述語(V)、目的語(O)といった英文法を学ぶ必要も最初はありません。

それでは子供に「本物の英語力」を身につけさせるために、まず取り組むべき事は何なのでしょうか?

英語の習得のためには「音」から入る事が正解。

英語の正しい学び方は「音」から入る事です。

生の英語を耳で聴く事からはじめて、「音」と「文字」の対応関係を学習させていくという順番が正解の方法です。

言語の習得には一般的に一定量以上の「音」のインプットとアウトプットが必要とされています。
これまでの英語教育のようにいきなりアルファベットの綴りを書いて暗記させたり、いきなり英文法を教えても、身につけるべき「本物の英語力」は身につかないのです。

日本の英語教育しか経験して来なかったような方には発想の転換が必要です。
勉強と言ったら鉛筆と消しゴムを持って紙に書いて覚えるという方法が一般的に思えますよね?
しかし、語学の学習においてはいきなり鉛筆と消しゴムと紙を使った方法では効果は薄く、かえって逆効果にもなりかねません。

正しい英語の学習方法は、まずは耳から英語を英語そのものとして聴いて味わっていく、というプロセスが正解なのです。

「音」から入る事によって英語を英語で理解する下地が作られていく。

英語の習得において大切な事は、英語を英語で理解するという事です。

実は、TOEICなどで高得点をとっていたり、はたまた東京大学に合格したような学生でも、英語を英語で理解する事が出来ている人は少ないです。

それはなぜかというと、日本の英語教育では英語を「文法」で学んで理解してしまっているからです。
文法知識をつかって英語を理解しようとすると、英語を日本語に変換するという翻訳プロセスが入ります。
この翻訳プロセスがあると非常に時間がかかるだけでなく、英語を英語で理解している状態からは程遠くなります。

英語の習得において大切な事は、英語を「英語脳」で理解する事です。

英語を日本語に一度翻訳するといった「日本語脳」での理解をしていても、いつまでたっても実際に使える英語とはなりません。

しかし、英語を「音」から最初に学ぶ事によって、その学習の初期のプロセスにおいて英語を「英語脳」で理解する習慣を身につける事が出来るのです。

このことは、私たちの母国語である日本語の習得過程を観察してみると納得が行きます。

私たちは親から日本語の書き方や文法など習うことなく自然に日本語を話し始めます。
そこから徐々に、ひらがなやカタカナ、漢字などの読み書きを学びます。
そして、赤くて丸くて甘酸っぱいものは「りんご(リンゴ)」、外にあって茶色で高くてゴツゴツしているのは「木(キ)」といったように、「モノ・コト」と「音(表現)」の対応で身の回りのモノ・コトを学習して行きます。

このプロセスでは「日本語脳」によって日本語を習得していっている事が分かるかと思います。

そのため、英語の学習プロセスでも「英語脳」で英語を習得していくためにはまずは「音」から学習し始める事がなによりも大切なのです。

英語を「音」から勉強する事で得られるメリット・効果

このように、英語を「音」から学ぶ事によって、まず子供は英語の正しい発音方法を学ぶ事が出来ます。

日本の英語の教科書にはその読み方が「カタカナ」で書かれている事が多いです。
「カタカナ」と本当の英語の発音は全く異なりますよね?

APPLEを「アップル」、TEACHERを「ティーチャー」と英語ネイティブの人は言いませんよね?

しかし、日本の今の教育では、むしろそれがあたかも正しい英語の発音のように最初学んでしまうのです。
さらに悪いことには、先生自身も同様の教育を受けて来たため正しい発音ができず、教室内では間違いを修正する役割の人が不在といった悲劇が起きています。

だからこそ、こういった日本の英語教育の悪いところに影響されずに、しっかりと正しい発音を身につけるためにも「音」から英語を学んでいくことが必要です。

また、英語を「音」から習得することは子供の聞き取り能力の向上にもとても役立ちます

APPLEを「アップル」、TEACHERを「ティーチャー」として覚えていては、ネイティブに英語を話す人が口から出す音を正しく聞き取ることは出来ません。

実際、日本人は英語のリスニングが非常に苦手という人が多いです。
英語を読めても、聴く事が出来なければ、それは「本当に使える英語」とは程遠い事が分かるかと思います。

しかし、正しい英語の音をしっかり学習しておけば、英語のリスニングの際に正しい英語を聞き取る事が出来ます。
さらには、英語脳で英語を理解する習慣が身についているため、速度の早いリスニングであってもしっかりと聞き取る事ができるのです。

いちいち脳の中で日本語に翻訳していてはまったく英語のリスニングについていけなかったという経験は読者の方にもあるかと思いますが、英語を英語で理解する事が出来るとそういった悩みも無くなるのです。

英語教材おすすめ診断

子供の英語にはフォニックス学習法がオススメ!

フォニックス学習法の事はご存知でしょうか?もしご存知でなければ是非この際に知っておいて下さい。

フォニックス学習法とは、AからZまでのアルファベットを「エー」「ビー」「シー」「ディー」「イー」「エフ」「ジー」といった「アルファベット読み」で覚えるのではなく、

Aは[æ]
Bは[b]
Cは[k]

といったように、代表的な「音」を「文字」とセットで覚える学習方法の事です。

そしてフォニックス学習法では、

A [æ] ・・・「A, A, Apple」
B [b]・・・「B, B, Bottle」
C [k]・・・「C, C, Cat」

のように、実際に声に出しながら学んでいきます。

この方法で英語を学習する事によって、子供は英語の正しい「音」を「文字」とセットで学ぶ事ができ、英語を英語で理解する下地が作られるのです。

この方法は、SLA(Second Language Acquisition)=第二言語習得の理論に基づいて実証的にその効果が明らかになっている学習方法です。

英語ネイティブの子供ですらこのフォニックス学習法を母国語習得の過程で取り入れていますし、日本人で幼少期から英語を話せるようになる子供もその多くはフォニックス学習法を取り入れています。

フォニックス学習法が子供の英語教育に効果的な理由

フォニックス学習法が子供の英語教育に効果的な理由としては、先ほど述べたように英語の正しい「音」を「文字」とセットで最初に学ぶ事で、英語を英語で理解する下地が作られるといったメリットがあります。

しかしそれだけではありません。

フォニックス学習法によって英語を学習し始めると、子供は初めて見た英単語でもその読み方がなんとなく分かってしまうのです。

これは、英語をアルファベット読みで学習していては出来ない事です。

なぜならばフォニックス学習法では英語の文字の代表的な「音」を学んでいるため、初めて見た英単語でもだいたいの読み方が推測つくのです。

この事は、子供の英語習得過程において二次的な効果ももたらします。

それは子供が「自分は英語が読める!得意なんだ!」といった自信を持つようになる事です。
子供が英語に対して得意意識をもつことによって、その後の成長過程で英語がどんどん身につくようになるのです。

フォニックス学習法は、この記事の主題でもある「子供の英語は「音」から入るのが正解」というメッセージに適う学習方法です。

この「幼児向け英語教材比較クラブ」では、おすすめの幼児向け英語教材をご紹介しておりますが、
紹介している中でもオススメをしている教材は全てフォニックスによる、
正しい英語の発音方法の指導を取り入れています。

お子さんへの英語教育にご興味があるかたは、
トップページにて幼児向け英語教材のおすすめ診断なども行なっておりますので、
是非訪れてみて下さい。

◻︎幼児向け英語教材比較クラブのトップページはコチラ

子供の英語は「音」から入るのが最短ルート(まとめ)

日本の従来の英語教育は、本物の英語力を養うにあたって理にかなった方法ではありません。

英語を日本語に翻訳してから理解するといった、日本語脳による英語理解はこれからのグローバル社会で求められる「本物の英語力」ではありません。

そのような方法で学んでいては、日本人はいつまでたってもグローバルな舞台で「読んで」「聴いて」「書いて」「話す」事は出来ません。

「本物の英語力」を身につける方法は決して簡単な方法ではありません。

しかし、一定の確かな効果がある学習方法があるのは確かです。
英語を英語で理解するためには、脳内に日本語脳とは別にもうひとつ「英語脳」を作り出す必要があります。

そのための最初のステップとして、子供は英語を「音」からまずは学んで英語の正しい下地を作ることが大切なのです。

もちろん、後からいくらでも挽回は可能です。
しかし、子供の時点で正しい英語学習をしておくことは後々大きなメリットとなるのは確かでしょう。

そしてそのためのオススメの方法は「フォニックス学習法」です。

このフォニックス学習法は大人にとってもかなり効果的な学習方法です。
大人も、今からでも全然英語能力は高めて行く事は可能です。

是非お子さんと一緒に学ぶつもりで楽しんで取り入れて見て下さい。

幼児向け英語教材おすすめ診断!

オススメ英語教材診断
「どの英語教材を選べばいいのか分からない!」
そんなお悩みに答えます!♪
簡単な質問に答えてお子さんにピッタリの教材を見つけましょう♪

>> 幼児向け英語教材のオススメ診断はこちら!