オススメ幼児英語教材
時期別幼児向け英語教材
コスパ別幼児向け英語教材
子供向けオンライン英会話おすすめ

幼稚園生になる3歳からの英語教育のポイント

幼児向け英語教材診断

グローバル化が促進する昨今、英語の「読み」「書き」「聞く」「話す」の4技能の重要性は高まっています。
また、これからは小学校教育の過程にも英語科目が入ってきます。

こういった社会情勢を背景に、親御さんの子供への英語教育熱は高まる一方です。
中には赤ちゃんがお腹にいる時から英語を聴かせるなんていう親御さんもいるようです。

このサイトでは、幼児向け英語教材のオススメを多数紹介しておりますが、
サイトへの訪問者も日々増え続けており、日本での英語教育熱の高まりを日々感じております。

しかし、そうした英語教育に興味をもつものの、

「幼稚園からもう英語教育は始めたほうがいいのかな?」
「3歳くらいからの英語教育はどういう事をすればいいのかな?」

などといった事に関してモヤモヤを感じている親御さんも多いのではないでしょうか。

そこでこの記事ではそんなモヤモヤに答える形で3歳くらいからの英語教育に関する
ポイントを紹介していきます。

子供の好みが明らかになる3歳くらいからの英語

結論から申し上げますと、お子さんが3歳くらいの頃から英語を始めるのは、開始時期としてはとても良いでしょう。

なぜ3歳なのかというと、子供は3歳くらいから自分の好きな事の傾向が見えてくるからです。
子供の好きな事の傾向が見えてきてから、子供の好きな事に沿う形で英語を触れさせ始めるのが最も効果的と言えます。

語学の習得において大切な事はなによりも「継続」です。
「継続は力なり」といいますが、子供が英語で英語を理解できる「英語脳」を身につけるためには日頃から英語で考えるという習慣の醸成が必要です。

もし親が子供に対して無理やり英語を教えようとしてしまうと、子供が「英語」=「面白くない」といった先入観を持ちかねません。それは何としてでも避けるべき事態です。

子供が今後の長い人生において継続して英語と触れていくためにも、人生の初期段階において「英語」=「楽しい、好き、面白い」といったポジティブな先入観を強くもってもらうことが英語教育の成功の鍵となるのです。

好きなことへの「のめり込み力」は英語習得に活かせる

子どもの好きなことに対する「のめり込み力」には目をみはるものがありますよね?
子供は大人と違って脳の中は非常にピュアな状態が保たれていて、良くも悪くも、見て、聴いて、触ったことのインプットスピードが半端なく早いです。

このインプットスピードを英語習得に活かさない手はありません。

そのためにも、我が子はいったいどのようなことに興味関心があるのだろうかと、日頃から子供を観察する必要があります。

もし子供に興味・関心の傾向が見え始めたらしめたものです。
その傾向に沿う形で英語に触れ合える機会をこっそりと忍び込ませてみましょう。

好きな事 x 英語で学習効果が最大化

一般的に勉強というと鉛筆と消しゴムと紙なんて思われがちですが、今の時代ではその考え方は古いものとなってしまっています。

今の時代の教育スタンダードは好きな事や得意な事をどんどん伸ばすという方向に進んでおります。
そのため、子供が興味を示す対象があればそれをどんどん与えましょう。

例えば、子供がアンパンマンなどのアニメが大好きだとしましょう。
であるならば、アンパンマンのアニメを英語で放送してくれているDVDなどを購入して子供に見せてみましょう。
子供は柔軟な頭をもっていますから言葉の意味が正確にわからなくても映像の文脈からだいたいの意味を拾い出すことが出来ます。

他にはタブレットなどでのゲームアプリが好きだったとしましょう。
であるならば、タブレットでできる英語教育ゲームなどをさせて見てはいかがでしょうか。勉強にゲームはそぐわないなどといった古い考えは捨てて、子供が楽しそうにしている対象があるならばどんどん取り入れて行って見ましょう。

聴く力が発達し始める4歳くらいからは「音」で英語に触れさせる

子供は4歳くらいからとりわけ、聞き分けるという点での聴く力がどんどん発達し始めます。
それに合わせて英語の「音」に触れさせることをどんどん始めましょう。

ここで焦って英語を押し付けるような事は決してしてはいけません。
ここまで述べてきた方針を引き継いで子供の興味関心に沿う形で英語の「音」に触れられるように工夫をしましょう。

英語は「音」から入るのが正解、という事に関してはこちらの記事で述べているので是非一読して見てください。この段階でフォニックス学習法を始める事はとてもオススメです。

子供の英語発音にはフォニックス学習法がオススメ子供の英語教育の方法として効果的なのは英語の音、発音から入って行く事です。そうする事によって、英語を英語で理解する英語脳の下地が作られるのです。そして、オススメの方法はフォニックス学習法です。フォニックス学習法によって子供の英語力が上がるのです。...

「音」と「映像」を同時に見せると英語習得に効果的

英語を「音」から学んでいく段階においては、「音」と「映像」を同時に見る事がとても効果的です。
それも「映像」の中に英語を話す人物の「口元」が映っていると理想的です。

「音」と「映像」を同時に見る事によって、状況を目で見て文脈を掴み、そこで発せられる音を聴いて、その音が発せられる口元を観察する。
このプロセスが子供の英語習得にあたってとても効果的なのです。

なぜならば、英語を話すためには正しい発音の仕方ができなくてはいけません。
そこで幼少期から英語を発音するための正しい口の使い方が脳内に無意識レベルでインプットされている事は後々大きなアドバンテージとして効果を発揮してくるからです。

そのため、最強の方法として提案できるのは、

子供の興味関心のある領域の映像を英語で子供と一緒に楽しみながら見てあげる

という方法です。

幼少期から子供に「英語」=「好き、面白い、楽しい」といった理想的な先入観を植え付けることが出来るのです。

このことが子供の言語習得のプロセスでプラスに働く事は簡単に想像できるかと思います。

子供向けのおすすめ英語Youtubeチャンネル14選!英語が学べる子供向けのYoutubeチャンネルを厳選して14つ紹介!!まだ小学生に上がる前の幼稚園生、保育園に通うお子さんが、小さいころから英語に慣れ親しむことができるようなチャンネルを紹介しています。日常の中で英語を聞く習慣ができると、大きくなるにつれてどんどん英語が得意になりますよ!...
英語教材おすすめ診断

幼稚園からの英語教育のポイント(まとめ)

ここまで述べてきたように、3歳ころから子供の興味関心の矛先が見えてくるためそれに合わせて英語に触れ合う機会を作ってあげましょう。

そして4歳くらいから子供の聴く力がどんどん発達して来ますので、それに合わせて英語を「音」から学ぶことを始めてあげてください。

それを子供の好きな領域とうまく重なる形で実施することによって、子供にとって「英語」=「好き、面白い、楽しい」といった理想的な下地が出来るでしょう。

ここで一点留意しておいて欲しい事としては、では3歳、4歳で英語学習をスタート出来なかったらもう手遅れなのかというと決してそんな事はありません。

そもそも子供の発達段階によって適切な英語学習方法とは異なります。そのため後からでもその年にあった正しい方法で英語の学習を行えばいくらでも挽回は可能です。

それは子供が中学・高校になってから英語を始めるといった場合でも当てはまります。

ここら辺の話はまた別の機会に回しますね。

まとめますと、子供の英語教育の開始時期として3歳くらいから始めるのは、
子供の興味関心と掛け算する形での導入が好ましいでしょう。

その事を通じて、「英語」=「好き、楽しい、面白い」という理想的な先入観を子供に植えつけてあげましょう。

幼児向け英語教材おすすめ診断!

オススメ英語教材診断
「どの英語教材を選べばいいのか分からない!」
そんなお悩みに答えます!♪
簡単な質問に答えてお子さんにピッタリの教材を見つけましょう♪

>> 幼児向け英語教材のオススメ診断はこちら!