オススメ幼児英語教材
時期別幼児向け英語教材
コスパ別幼児向け英語教材
子供向けオンライン英会話おすすめ

便利で使いやすい子育て英語フレーズ130選!

子育て英語フレーズ
幼児向け英語教材診断

便利で使いやすい子育て英会話フレーズを場面・用途ごとに、
一挙にまとめてみました!

小さい子供がいて英語教育を始めている、もしくはこれから始めようと思っている方は多いかと思います。

しかし、幼少期からの英語教育に関しては経験もなく一体どのようなことから始めればいいのかといった課題を感じている方が多いのもまた事実でしょう。

「親自身が英語にそもそも自信がないのに、
子供に英語を教えることなんてできるのだろうか。」

といった悩みをお抱えの方も多いのではないでしょうか。

そういった方にオススメなのが、
まずは簡単な英語フレーズを、日常の場面場面で使ってみるという方法です。

そこでこの記事では、

英語が苦手な方でも簡単に子供への語り掛け英語ができるように、
使いやすい簡単な英語表現を、場面や用途に分けて紹介します!

この記事の内容

英語の語り掛け教育がオススメな理由とは?

なぜ英語の語り掛けが、子供への英語教育において効果的なのでしょうか。

まず最初に、その理由から見ていきましょう。

英語への抵抗感を少しずつ減らしていける。

まず1つ目のメリットとして、英語への抵抗感を減らしていけるということがあります。

小さい頃からいきなり英語教室に通わしたり、
英語のDVDを見せるといったことをしてしまうと、

子供にとっては結構な負担で、抵抗を感じてしまうこともよくあります。

しかし、小さい頃から、日常の中で英語で語り掛ける習慣が出来ていると、
そんな英語への抵抗感を徐々に減らしていくことが出来、
本格的に英語を勉強しようと始めるときには既に慣れているという状況を作れるのです。

小さい積み重ねで多くの英語表現を習得できる。

言語の習得にはとにかく根気強い継続的な蓄積が大切です。

一朝一夕では、多くの英語表現を身に着けていくのは難しいでしょう。

しかし、小さいころから少しずつでも色々な英語表現に慣れ親しんでおければ、
気付いた時にはかなりの量の英語表現を習得していることが可能です。

その意味でも、幼少期からの英語の語り掛け習慣は、
小さな蓄積となって後々大きな成果につながってくるのです。

家族全体での英語への姿勢が子供の教育にプラス

また、小さいころから家族全体で、
英語に触れるという機会を作っておくことは、

将来的に子供の英語の学習への姿勢に大きくプラスになってきます。

日本で育っていると、なかなか英語を身近に感じることができず、
そのことが英語の勉強への低いモチベーションへとつながってしまうことがありますが、

小さい頃から家族全体で英語に向かっていると、
日本で生活していても、英語を身近に感じながら生活することができます。

そうした英語への身近な感覚を作っていくためにも、
子育て英語の語り掛けは効果的なのです。

子育て英会話を取り入れる際のポイントとは?

次に、これから紹介する英会話フレーズを、

日常生活の中に取り入れて子供の英語力上達に効果的につながていくためのポイントがありますので、

それらを紹介していきます。

最初は毎日一言ずつでいいから継続して続ける

言語の習得においてなによりも大切なことは、
継続的な学習です。

そのため、数日おきに思い出したように英語の語り掛けを行うのではなく、
毎日1回でも良いので、とにかく継続的に取り入れていけるように工夫していきましょう。

この記事では、場面や用途ごとに分けて紹介していますので、
そうした毎日繰り返し訪れるタイミングで使うことを試してみると良いでしょう。

子供が真似できるレベルな簡単な表現を使う

次に、出来れば聞いた表現を子供が自分から真似し始めると、
かなり高い学習効果が見込めます。

そのため、難しくて長い英語表現ではなく、
短くて使いやすい簡単な英語フレーズを頻繁に使うようにすると良いでしょう。

この記事で紹介するようなフレーズは、
どれも小さい子どもでも簡単にまねできるような簡単な表現を集めておりますので、

すぐに真似できるかと思います。

同時進行で英語の動画なども見てレパートリーを増やしていく

最後のポイントとしては、

毎日の継続的な英語語り掛けの習慣作りに成功したら、
今度は英語のレパートリーを増やしていくためにも、

英語の動画やアニメなどを子供と一緒にみて、学習効果の相乗効果を狙っていきましょう。

そういった英語の勉強の中で、自分でも使ってみようと思うフレーズを探すといった学習姿勢を作れると、かなり良いでしょう。

それでは、ここまで書いたことを一度簡単にまとめておきます。

子育て英会話のメリットとポイント

【メリット】

  1. 英語への抵抗感を無くしていける。
  2. 小さい積み重ねで沢山の英語を身に着けることが出来る。
  3. 日本育ちでも英語への積極的な姿勢を持たせることが出来る。

【英語教育に活かすポイント】

  1. 毎日少しでも良いので継続する事。
  2. 子供が真似しやすいような簡単な表現を使う事。
  3. 英語の動画を見るなどレパートリーを増やしていけるようにする事。

 

それではいよいよここからは、
便利で使いやすい子育て英語フレーズを、どんどん紹介していきます!

便利な英会話フレーズ
英語教材おすすめ診断

毎日のお決まりタイミングに使える英会話フレーズ

まず最初に、一番始めやすい毎日のお決まりタイミングで使える英語フレーズを紹介します♪

【挨拶編】毎日の決まり文句に使える英語フレーズ集

朝・昼・夜、またお出かけするときなど、
毎日のお決まりタイミングで使える簡単な英語を集めました。

よく使う挨拶表現
  1. Good morning.
    →「おはよう。」
  2. Good afternoon.
    →「こんにちは。」
  3. Good evening.
    →「こんばんは。」
  4. Good night.
    →「おやすみ。」
  5. Good bye.
    →「さようなら。」
  6. Hello.
    →「こんにちは。」(朝晩いつでも使える表現です。)
  7. Nice to meet you.
    →「はじめまして。」
  8. How are you ?
    →「調子はどう?」

【お天気編】今日の天気に関して使える便利フレーズ集

毎朝、起きてカーテンを開けたタイミングなどに使える簡単フレーズです♪

天気は、It’s ~ と表現するので是非いろいろな場面で使ってみましょう♪

天気を表す定型フレーズ
  1. It’s sunny today.
    →「今日は晴れね。」
  2. It’s cloudy today.
    →「今日は曇りね。」
  3. It’s raining today.
    →「今日は雨ね。」
  4. It’s windy today.
    →「今日は風があるわね。」
  5. It’s hot today.
    →「今日は暑いわね。」
  6. It’s warm today.
    →「今日は温かいわね。」
  7. It’s cold today.
    →「今日は寒いわね。」
  8. It’s cool today.
    →「今日は涼しいわね。」
  9. It’s snowing today.
    →「今日は雪ね。」
  10. It’s nice day today.
    →「今日はいいお天気ね。」

慣れてきたら、毎朝、子供に今日の天気を英語で教えてもらう習慣なんかもできるといいですね♪

【時間編】時に関する簡単便利な英語フレーズ集

子供は時間にとても無頓着なことが多いです。
放っておくと、時間のことを忘れて遅刻なんてことも!

そこでとても使いやすいIt’s time to(for)という定型表現をまとめました♪

It’s time to(for)の定型フレーズ
  1. It’s time to get up.
    →「起きる時間よ。」
  2. It’s time for breakfast.
    →「朝ご飯の時間よ。」
  3. It’s time for school.
    →「学校へ行く時間よ。」
  4. It’s time to study.
    →「勉強の時間よ。」
  5. It’s time to go.
    →「行く時間よ。」
  6. It’s time to go shopping.
    →「買い物に行く時間よ。」
  7. It’s time to go home.
    →「帰る時間よ。」
  8. It’s time to finish.
    →「終わる時間よ。」
  9. It’s time to clean up.
    →「お片付けの時間よ。」
  10. It’s time for dinner.
    →「夜ごはんの時間よ。」
  11. It’s time to take a bath.
    →「お風呂の時間よ。」
  12. It’s time to sleep.
    →「寝る時間よ。」

“It’s time to(for)”の表現、ぜひ色々と応用して使ってみて下さいね♪

 

miniコラム♪ ~「読み上げ機能で発音を確認してみよう♪」~

英語が苦手な方で、このフレーズを使ってみたいけど、
どう発音すればいいのか分からない!

というときは、google翻訳の「読み上げ機能」を使ってみましょう♪

方法は簡単で、読み上げてほしい文章をgoogle 翻訳でしらべ、
スピーカーアイコンをクリックすると読み上げてくれます。

読み上げは機械音ですが、最近の機械音は、全然許せるクオリティなので、十分に発音を確認することはできますよ♪

子供とのちょっとしたやり取りに使える英会話フレーズ

【指示編】ちょっとした指示に使える英語フレーズ集

ここでは、子供に対してちょっとした指示や命令をしたい時に、
使いやすい英語フレーズを集めました。

簡単に使える指示表現
  1. Wake up!
    →「起きなさい!」
  2. Brush your teeth.
    →「歯を磨いてきなさい。」
  3. Wash your face.
    →「顔を洗ってきなさい。」
  4. Wash your hands.
    →「手を洗ってきなさい。」
  5. Take off your pajamas.
    →「パジャマを抜いで。」
  6. Get dressed.
    →「服を着なさい」
  7. Hurry up!
    →「急いで!」
  8. Eat your breakfast.
    →「朝ご飯をたべなさい。」
  9. Put on your shoes.
    →「靴を履きなさい。」
  10. Put it back.
    →「それを戻しなさい」
  11. Come here.
    →「ここに来なさい」
  12. Sit dowm.
    →「座りなさい。」
  13. Stand up.
    →「立ちなさい。」
  14. Hold still.
    →「じっとしなさい。」
  15. Clean up.
    →「片づけて。」
  16. Wipe the table.
    →「テーブルを拭いて。」
  17. Water the plant.
    →「植木に水やりをして。」

【注意編】英語で注意したい時に使えるフレーズ集

放っておくとフラフラとすぐ悪さを始めてしまうお子さんに、
英語で注意してみましょう♪

よく使う注意英語フレーズ
  1. Don’t do that.
    →「そんなことををしてはだめよ。」
  2. Don’t go there.
    →「そこへ行ってはだめよ。」
  3. Don’t touch it.
    →「それに触っちゃだめよ。」
  4. Dont’t step on it.
    →「それを踏んではだめよ。」
  5. Don’t push me.
    →「押さないでね。」
  6. Don’t walk around.
    →「歩き回らないでね。」
  7. Don’t swing it around.
    →「それを振り回さないで。」
  8. Don’t throw it.
    →「それを投げないで。」
  9. Don’t get hurt.
    →「けがしないでね。」
  10. No running!
    →「走ったらダメ!」
  11. No shouting!
    →「大声出したらダメ!」
  12. Stop!
    →「止めなさい。(止まりなさい)」
  13. Freeze!
    →「とまれ!」
  14. Be quiet.
    →「静かにして」
  15. Watch out!
    →「あぶない!」
  16. Stop talking.
    →「おしゃべりをやめなさい。」

“No ~ing” (~してはダメ!)は色々と応用ができますよ♪

【誘い編】Let’sを使う、簡単便利なお誘いフレーズ集

次は、子供を誘うときに使える頻出表現の”Let’s ~ !”について見てきましょう!

なにか子供も大好きな事に誘うときに使うと効果的ですよ!♪

Let’s ~ (~しよう)の英語フレーズ
  1. Let’s read a book!
    →「本を読もう!」
  2. Let’s play together!
    →「一緒に遊ぼう!」
  3. Let’s draw a picture!
    →「お絵描きしよう!」
  4. Let’s make something!
    →「何か作ってみよう!」
  5. Let’s watch TV!
    →「テレビを見よう!」
  6. Let’s sing a song!
    →「歌を歌おう!」
  7. Let’s clean up!
    →「お片付けをしよう!」
  8. Let’s eat snacks.
    →「おやつを食べよう!」
  9. Let’s go shopping!
    →「買い物に行こう!」
  10. Let’s go out!
    →「外へ出かけよう!」
  11. Let’s take a bath.
    →「お風呂の時間よ。」

子供との質疑応答に使える英会話フレーズ

【質問編】子供への質問に使える英語フレーズ集

子供とのちょっとしたやり取りに使える、簡単な質問フレーズ集を集めました。

子供からもお母さん・お父さんに、こうした質問が来るようになるといいですね♪

簡単に使える質問フレーズ
  1. Are you ready?
    →「準備できた?」
  2. Are you OK(alright)?
    →「だいじょうぶ?」
  3. Are you sleepy?
    →「眠いの?」
  4. Are you tired?
    →「疲れているの?」
  5. Are you hungry?
    →「お腹すいた?」
  6. Are you thirsty?
    →「喉乾いたの?」
  7. Are you full?
    →「お腹いっぱい?」
  8. Are you finished?
    →「終わった?」
  9. Are you hot?
    →「暑い?」
  10. Are you cold?
    →「寒い?」
  11. Are you scared?
    →「怖い?」
  12. Are you itchy?
    →「かゆいの?」
  13. Are you sure?
    →「本当に?」
  14. Do you know?
    →「知ってるの?」
  15. Do you like it?
    →「それ好き?」
  16. Do you feel sick?
    →「気分悪いの?」
  17. Do you have everything?
    →「全部持った?(忘れ物はない?)」
  18. Do you understand?
    →「分かる?」
  19. Do you want to do?
    →「やってみたい?」
  20. How much?
    →「どれくらい?」
  21. How many?
    →「いくつ?」

【質問編②】”What ~ ?”(~は何?)を使った英語フレーズ集

お次は、”What”を使った質問表現です。

“What ~ ?”は大変良く使う英語表現ですので、
自然と口から出てくるようにできると良いですね♪

What ~?(~は何?)の英語フレーズ
  1. What is this?
    →「これは何?」
  2. What is that?
    →「あれは何?」
  3. What are you doing?
    →「何しているの?」
  4. What are you looking for?
    →「何を探しているの?」
  5. What are you thinking?
    →「何を考えているの?」
  6. What do you want?
    →「何が欲しいの?」
  7. What do you want to eat?
    →「何が食べたいの?」
  8. What do you want to watch?
    →「何が見たいの?」
  9. What do you want to wear?
    →「何が着たいの?」
  10. What did you say?
    →「なんて言ったの?」
  11. What did you buy?
    →「何を買ったの?」
  12. What did you see?
    →「何を見たの?」
  13. What can you make?
    →「何が作れるの?」
  14. What can you cook?
    →「何を料理できるの?」
  15. What time is it now?
    →「今何時?」
  16. What time does it start?
    →「それは何時に始まるの?」
  17. What day is it today?
    →「今日は何曜日?」
  18. What happened?
    →「なにがあったの?」
  19. What’s the matter?
    →「どうしたの?」

この”What ~?”の疑問表現を自由自在に使いこなせるようになると、
英語話者としての実力が一段と違ってきますよ♪

【お願い編】子供へのお願いごとに使えるフレーズ集

次は、これまたよく使われる”May I ~ ?”の定型フレーズを紹介します。

ちょっとしたお願いや、確認に使いやすい英語表現です。

May I ~ ?(~してもいい?)の定型フレーズ
  1. May I go now?
    →「もう行ってもいい?」
  2. May I eat?
    →「食べてもいい?」
  3. May I use it?
    →「それ使ってもいい?」
  4. May I borrow it?
    →「それ借り手もいい?」
  5. May I come in?
    →「入ってもいい?」

親から子供よりも、子供から親へのお願いのほうが多いと思うので、
是非この定型フレーズ”May I ~?”は子供にも使わせて見て下さいね♪

【場所編】Whereを使う場所に関するフレーズ集

今度は、これまた頻出英語表現の”Where ~?”を使った簡単英語フレーズを紹介します。

場所を尋ねる英語フレーズ
  1. Where are you going?
    →「どこへ行くの?」
  2. Where are you?
    →「どこにいるの?」
  3. Where did you go?
    →「どこへ行ったの?」
  4. Where did you put it?
    →「どこにそれを置いたの?」
  5. Where did you get it?
    →「どこでそれを手に入れたの?」
  6. Where did you find it?
    →「どこでそれを見つけたの?」
  7. Where is it?
    →「それはどこ?」
  8. Where do you live?
    →「どこに住んでいるの?」

“Where did you ~?”で、自然と過去形にもなれることができます。

このように、文法の勉強をする前に、感覚レベルで慣れておけると後々の学習効果はとても高まりますよ♪

【理由編】Whyを使う理由を尋ねるフレーズ集

お次は、子供に理由を尋ねるときの頻出表現”WHY”を使う英語フレーズです。

大変よく使う表現ですので、日ごろから使い慣れておけるといいですね♪

Whyを使った英語表現
  1. Why?
    →「どうして?」
  2. Why do you want it?
    →「どうしてそれが欲しいの?」
  3. Why do you want to go there?
    →「どうしてそこに行きたいの?」
  4. Why do you like it?
    →「どうしてそれが好きなの?」
  5. Why do you think so?
    →「どうしてそう思うの?」

子供を褒めたり勇気づけたりするのに使える英語フレーズ集

最後に、英語を使って子供を褒めたり、勇気づけたりと、
愛情表現をするために使える簡単な英語フレーズを紹介します♪

子供への愛情を英語でどんどん表現していってあげれると子供も英語好きになること間違いなし!♪

褒めたり勇気づけたりに使える英語表現
  1. Try it!
    →「やってみなよ!」
  2. You can do it!
    →「あなたならできるよ!」
  3. You did it!
    →「よくやったね!(やるじゃん!)」(誉め言葉)
  4. I love you.
    →「愛してるわよ。」
  5. I’m proud of you.
    →「あなたを誇りに思うわ。」

「愛しているわよ」や「誇りに思うわ」などはなかなか日本語では頻繁には言わない表現ですよね。
しかし、そういったなかなか言わない表現も英語なら積極的に言う事ができますよ♪

 

子育て英会話をする際の注意点

以上、子育て英語を生活に取り入れる事に関して、
そのメリット・ポイント、そして具体的なフレーズ集をたくさん紹介してきたわけですが、

最後に注意点を書いておきます。

その注意点とは、

子供の負担になるほど極端には行わない。

という事です。

やはり、子供の教育となると、子供の将来を思うからこそ親が一人走りして極端な教育になってしまうことが良くあります。

子供の表情をよく観察して、
もし英語での語り掛けが子供にとって不快なものとなってしまっているようでしたら、
それはもしかしたら不自然な形での語り掛けになってしまっているかもしれません。

英語教育のつもりを100%全面に押し出して行ってしまうと、どうしても子供はプレッシャーに感じてしまう可能性が高いでしょう。

そうならないためにも、気楽に遊び感覚で楽しく、日々の生活に子育て英語を取り入れてみて下さい♪

 

ー***ー

英語が苦手な親でも明日から1日1フレーズ習慣を始めてみよう!

以上いかがでしたでしょうか。

この記事では、子供の子育ての際に、英会話も同時に行ってしまおう!という観点から、
そのメリットやコツ、そして具体的なフレーズ集、
そして最後に注意点について紹介してきました。

もし親が英語が苦手でも大丈夫です。

1日1フレーズでも良いので、毎日少しずつ始めてみましょう♪

もし、発音の方法が分からないようでしたら、
Google翻訳の読み上げ機能でどのように発音すればいいのかを聞いてみることをお勧めします♪

気付いた時には、子供だけじゃなくて親のほうも自然と英語を話せるようになっていますよ♪

最後に

ここまで読み進めてください誠にありがとうございます。

このページの他にも、英語教育に携わる親御さんにとって役に立つようなアイデアやノウハウも多数発信しておりますので、
是非色々と見て行ってくださいね♪

幼児向け英語教材おすすめ診断!

オススメ英語教材診断
「どの英語教材を選べばいいのか分からない!」
そんなお悩みに答えます!♪
簡単な質問に答えてお子さんにピッタリの教材を見つけましょう♪

>> 幼児向け英語教材のオススメ診断はこちら!