オススメ幼児英語教材
時期別幼児向け英語教材
コスパ別幼児向け英語教材
子供向けオンライン英会話おすすめ

子供の英語留学のデメリットとは?帰国子女でもビジネスでは通用しない

幼児向け英語教材診断

使える英語を身につけるためには、子供を英語留学に行かせて英語漬けにしてあげないといけないと考える親御さんも多いです。

そのため、子供が小学生くらいになり始めると、子供の海外英語留学に関する情報に興味が沸いているようです。

その気持ちはとても分かります。

実際、私たち親の世代にとって英語をペラペラしゃべれる友達と言ったら幼い頃に海外に英語に囲まれて育った、いわゆる帰国子女と呼ばれる人達だったからです。

しかし現実的な話として、帰国子女が話す英語は必ずしも将来ビジネスの現場でも通用するようなフォーマルな英語ではありません。例えるなら、タメ口で目上の人に話しかけるような英語表現しかできないような子が帰国子女には多いです。

そのため、親としては小学生の時から子供を英語留学に行かせようと盲目的に考えるのは危険です。

今の時代、子供が大人になった時に求められる能力は、単なる英語能力ではなくもっと多面的な能力です。

そこでこの記事では、そうした幼少期からの英語留学に対して、
別の角度からの意見のご紹介をいたします。

子供にとって英語漬けの留学が必ずしも正しいわけではない。

子供を海外留学などに送り出して英語漬けにする教育の方法をイマージョン式の英語教育といいます。

イマージョンとはImmersionの事で日本語訳では「没入」となります。

つまり、英語圏に文字通り没入させて英語を身につけようという教育方針の事です。

結論から言いますと、イマージョン式の英語教育をすれば子供が本当の意味での英語スキルを身につけるとは限りません。

今世界で求められている人材は単に英語を使えればいいというわけではありません。

例えば表現力、創造力、想像力、コミュニケーション能力、社会強調能力、自己実現能力といったように、求められる能力は多面的でさらにバランスを求められます。

英語だけ話せれば即グローバル人材になれるというわけではないのです。

ここで声を大にして言いたい事は、必ずしも子供の海外留学がダメと言いたいわけではないという事です。
伝えたいメッセージは、親の役割としてはもっと総合的な観点から子供の学力の向上を見つめ、より複合的な観点から慎重に子供の英語留学の意思決定をして欲しいという事です。

幼少期に長期で海外に滞在すると、母国語の発達が遅れる可能性がある。

子供の英語教育に対して積極的になっている親としては、英語の学習に時間を割けば割くほど母語である日本語による学習の時間を犠牲にしてしまっているという事実は客観的に捉えておくべきです。

英語を身につけることばかりに気を取られてしまい、通常であれば幼少期の子供が自然に身につけるような事がすっぽ抜けた形で成長してしまうという可能性があるのです。
日本語以外の第二言語を習得するという事ばかりに親の関心が偏重するのは本末転倒になりかねないのです。

先ほど述べたように、子供は幼少期の多様な経験の中でその後の人生において必要不可欠となるような能力を身につけて行きます。
それらの能力は幼少期の段階で基礎となる部分が出来上がります。

しかしそんな大事な時期に、よくわからない言葉に囲まれた中で過ごすと能力が十分に発達しない恐れがあるばかりか、内気で常に周りに対してビクビクする自信の無い子供に育ってしまう可能性もあります。

そういったリスクも考慮に入れた上で、小学生などの子供を持つ親は英語の留学の決定を決めるべきです。

英語教材おすすめ診断

文化的なコンプレックスを持つ帰国子女が多い理由とは?

幼少期に長期にわたって海外で過ごし、その後中学生くらいから日本に帰国して進学する学生には、文化的なコンプレックスをもつ子供が多いです。

語学を学ぶという事は、その語学を扱う国や地域の文化を学ぶ事に他なりません。

もしアメリカに英語留学を長期で行かせたとしたら、アメリカの文化を幼少期の大切な経験の土台として持つようになるという事です。
留学前は日本の文化の中で暮らしていたわけで、そのため途中から異なる文化や価値観が経験の中に入ってくると混乱してしまう可能性があるのです。

幼少期の子供は良くも悪くも身の回りの出来事を純粋な心と目で持ってものすごいスピードで吸収をして行きます。

そんな子供時代に、日本でも海外でもなく混在した文化・価値観の中で過ごしていると成長してから自分のアイデンティティやルーツは一体どこにあるのだろうかと悩む子も多いのです。

小学生の英語留学はメリットとデメリットを踏まえた上で慎重に決めるべき。

小学生の英語留学は必ずしも悪いわけではなくメリットもたくさんあります。

例えば、英語の能力は日本で暮らしながら勉強していくよりもスピーディに成長する可能性は高いです。

しかし、同時にデメリットに対しても一定の理解を持っておくべきです。

これからの時代を担っていく子をもつ親として今一度思い出しておかなくてはならない事は、今の時代子供が身につけるべき能力は語学能力だけではありません。

英語が話せれば即世界で活躍できる人材になれるというとそういうわけではないのです。

盲目的に、子供を帰国子女のような子に育てるために海外に留学に行かせるのではなく、前提としてもっと多面的な観点から子供の成長を促してあげられる方法を吟味するべきです。

まとめ

以上いかがでしたでしょうか。

日常の全てが英語という100%英語漬けのイマージョン教育は確かに子供が英語を話せるようになる、という点においては優れているかもしれません。

しかし、親としては、そうした教育を行うことによるデメリットやリスクなども知っておく必要があるでしょう。

今の時代、大切なのは「話せる英語」ではなく「使える英語」です。

なにもネイティブのようにペラペラと英語を話せなくても、コミュニケーションツールとして必要十分に使いこなすことができるのであれば、

今の社会で求められる英語能力は持っているとして良いです。

そうした「使える英語」は何も海外での英語漬けの教育をしないと身につかないということはありません。

このサイトでは、子供の英語教育を頑張るパパママ応援メディアとして、
色々な観点から役立つ情報を発信しておりますので、
是非色々と見ていってくださいね♪

幼児向け英語教材おすすめ診断!

オススメ英語教材診断
「どの英語教材を選べばいいのか分からない!」
そんなお悩みに答えます!♪
簡単な質問に答えてお子さんにピッタリの教材を見つけましょう♪

>> 幼児向け英語教材のオススメ診断はこちら!